運転免許証、更新忘れたっ!失効からの期間ではまだ間に合うかも!?

やってしまった・・・

つい先日、身分証明書の提示を求められたので運転免許証を出したところ、
更新日付が過ぎていて、失効していました。

そういえば、かなり前に「運転面免許証更新通知書」が来ていないような・・・
でも、あれってどこ行ったんだろう。

失効=無免許の状態なので何とかしたいですよね。

失効からの期間によっては救済措置があります
免許再取得、の最悪のケースではなくて、まだ何とか間に合うかもしれません。

とにかく早く更新手続きに行きましょう!

スポンサーリンク

 

更新を忘れた!ついうっかり・・・の場合

ついうっかり忘れた!という場合と、海外旅行や海外出張・赴任、長期入院などの理由がある場合とでは、違いがあります。

ここでは、私と同じ?単純に忘れてた!という方のための情報です。
失効期間によって救済措置がありますので、まだあきらめないで!

失効から6か月以内

学科試験・技能試験が免除されます。
ホッとしました!?この場合であれば不幸中の幸いです。

視力検査などの適正検査と特定の講習を受講すれば、再取得可能です。

必要書類はおおむね以下で、手続き時の年齢によって若干違いがあります。
・失効した免許証
・免許更新用の写真1枚(タテ3センチxヨコ2.4センチ、撮影後6か月以内)
・運転面免許証更新通知書
・住民票の写し1通(本籍地が記載せれているもの)
・印鑑(認印)
・手数料

失効から6か月~1年以内

大型免許証、中型免許証および普通免許証を失効した人は、
学科試験と技能試験はなしで、適正検査のみで「仮免許証」を
取得することができます。

仮免許証がない二輪免許証は、通常の試験を受けての再取得となります。

前年ながら、救済措置も「仮免」まで。
でも、また最初から教習所に通うことを考えると、まだ”まし”だとも言えます。

失効から1年以上

残念ですが、最初から取り直しになります。

スポンサーリンク

更新を忘れた!海外赴任や入院など理由がある場合

海外渡航や出産、長期入院など、やむを得ない理由がある場合、
運転免許センターへ申請しましょう。

ついうっかり・・・より、寛大な救済期間になります。

失効から6か月以内

運転免許は継続していたものとみなされ、ゴールド免許の場合、
優良運転手のままです。

出張や入院の結果、失効・・・にならなくてよかったですね。
早めに手続きをしましょう!

失効から6か月~3年以内、かつやむを得ない理由が終わっていから1か月以内

学科試験・技能試験が免除となります。
期間も失効後、3年となります。

必要種類は、
・失効した免許証
・免許更新用の写真1枚(タテ3センチxヨコ2.4センチ、撮影後6か月以内)
・運面免許証更新通知書
・住民票の写し1通(本籍地が記載せれているもの)
・印鑑(認印)
・手数料

これらに加え、「理由書」が必要です。
・海外旅行や長期出張の場合、パスポート
・病気やケガで入院していた場合、入退院が書かれた診断書

失効から3年以上

残念ですが、再取得となります。

運転免許証更新通知書 なくしたんだけど・・・

「運転免許証更新通知書」
探してもみつからないこともありますよね。

残念ながら再発行はしてくれません。

しかし、なくても免許の更新はできます
安心しました!?

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

誰だって忘れることくらいありますよね。
また、引っ越しなどで郵便物の転送手続き忘れると、はがきも届きません。

失効しても6か月以内であれば少し面倒ですが、なんとか更新できます。

それよりも「無免許」の状態であるので、できるだけ早く更新しましょう。