甲子園始球式で球速103キロの稲村亜美!過去最速105キロ?

「神スイング」「神ピッチング」の異名をもつ、タレントの稲村亜美さんが、
2017年4月8日の巨人戦で、聖地甲子園球場で念願の始球式をしました。

国内自己最高の103キロ。きれいなフォームで見事インコースのストライクで決めました!

女性で100キロを越すとは凄いですね。
男性でも素人であればなかなかでないスピードです。

過去の始球式の結果を、プロフィールとともに見てみましょう。

スポンサーリンク

過去のプロ野球”公式戦”始球式の結果

稲村亜美さんが公の場でその華麗なフォームで投球したのは、
2015年7月28日、東京ドームで行われた第86回都市対抗野球 大阪ガス×三菱重工広島戦
その時はど真ん中でなんと、球速98キロ!

ほんと驚きました。
これをきっかけにプロ野球公式戦の始球式に呼ばれるようになったそうです。

その数、今回でなんと8回目です。

  日付 球場 球速
1 2015年9月15日 明治神宮球場 96km/h
2 2016年4月5日 西武プリンスドーム 98km/h
3 2016年4月24日 QVCマリンフィールド 103km/h
4 2016年6月28日 札幌ドーム 102km/h
5 2016年7月3日 ヤフオクドーム 97km/h
6 2016年7月24日 ナゴヤドーム 98km/h
7 2016年9月18日 横浜スタジアム 102km/h
8 2017年4月8日 阪神甲子園球場 103km/h

今回で8回目ということで、背番号8で登場していましたね。

スポンサーリンク

 

公式最速は104キロ?105キロ??

いろいろなニュースでは稲村亜美さんの最速は103キロと言われていますが、
実は、2016年5月8日に台湾プロ野球、中信兄弟の始球式で104キロを記録しています。

稲村亜美さんもブログで報告しています。

1球目は大暴投をしてしまいもう一球チャンスをもらって
その次はワンバウンドでしたが104キロでました*\(^o^)/*

ただし、自己最速という意味ではちょっと違うようです。
さらに、2016年11月23日QVCマリンで行われたファン感謝デーで105キロを計測。
これが自己最速といわれています。

紛らわしいので整理すると・・・
自己最速は105キロ、始球式最速は国内103キロ、海外(台湾)104キロ ですね。

スポンサーリンク

 

プロフィール

生年月日:1996年1月13日
出身地:東京都
血液型:A型
身長:173センチ
学歴:国士舘大学21世紀アジア学部
所属事務所:浅井企画

2015年3月26日公開のトヨタ自動車のCM「G’s Baseball Party」で、
豪快なスイングが「神スイング」として話題となりました。

確かに凄かった、あのスイング。

なお、二人のお兄さんの影響で野球をはじめて、小学校1年から中学3年まで野球漬け。
中学校ではシニアリーグ!に在籍し、ポジションはピッチャーとファースト。
持ち玉は、ストレート・スライダー・シンカー・チェンジアップ…

女性で「持ち玉は…」なんていう人、いませんよね。

小学生の時から9年間、みっちり野球をやっていたからこそ、
バッティング・ピッチングフォームがしっかりしているんですね、納得です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回の始球式に出るきかっけはテレビ出演だったそうです。

昨年10月にMBS「ちちんぷいぷい」にVTR出演した際に、
今後の目標を「12球団の本拠地の全てで始球式をしたい」と話していました。

それをテレビで見ていた阪神タイガース・坂井信也オーナーの秘書から連絡があり、
今回の始球式へと繋がったというから驚きです。

やりたいことはなんでも言って見るものですね! (^^;;

今回の始球式で12球団クリア。
本拠地での始球式では、
 ヤクルト、西武、ロッテ、日本ハム、ソフトバンク、中日、DeNA、阪神
8球団クリアしたことになります。

残すは、セ・リーグ:広島と巨人、パ・リーグ:オリックス、楽天 ですが、
いつクリアできるのか楽しみです。

毎回、見事なピッチングフォームを見せてくれます。
きっと日頃からトレーニングされているんでしょうね。

これからも頑張って、ぜひ自己最速記録を伸ばして欲しいです。

次回の始球式はいつでしょうか。。。

スポンサーリンク