「この世界の片隅に」レアバージョン映画と実写ドラマがあった!

2016年、アニメ映画が話題の年でしたね。

そのひとつである「この世界の片隅に」は2017年にはいっても
ロングランを続けています。

2017年2月に公開100日を超えました。

そんな中、青森の映画館で約2ヵ月半にわたって完成版とは違う
レアなバージョンが上演されていたそうです。

スポンサーリンク

 

 

きっかけは熱狂的なファンの指摘から

9回も鑑賞したファンが別の映画館との違いを見つけ、
監督の片渕さんにTwitterde質問したのがきっかけだそうです。

上映していた映画館は、青森市古川1丁目の「シネマディクト」

配給元の手違いによって、
最終完成前のバージョンが上映されていたそうです。

お詫びとしてホームページに掲載されています。

出典:「この世界の片隅に」製作委員会

朝日新聞によると

「ストーリーはほとんど変わらないが、
完成版の背景に描かれている鳥や花の絵がなかったり、
エンドロールにながれる絵の数が異なっていたりした。」

配給元のミスとはいえ、見つけたファンの方は
二度と観ることができないレアな作品を観ていたということですね。

なんだか、うらやましい気がするのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

珍しいといえば実写ドラマ

少し前に実写ドラマが放映されてたのをご存じでしょうか?


出典:日テレ

キャストが豪華でスゴイです。

出典:日テレ

2011年の夏に放映されたようですが、
あまり話題にならなかったような気がしませんか?

原作を読んでいるファンの方には、
「すず」と北川景子さんのイメージが違う、と感じた方が
多かったのではないでしょうか。

どちらかといえば、
今回のアニメ映画の、のんさんのイメージが合っている...
だと思います。

是非観てみたい!という方は「Hulu」などの動画配信サービスを
ぜひ”お試し”下さい。

入会2週間~1か月は視聴無料が多いのでお得です。
春休み、GW、夏休み。。など長期休暇の時にお試し下さい。

一日があっという間に過ぎてしまいます!

まとめ

この映画ファンが多く、何度も映画館に足を運んでいる人が多いですね。
私の周りでも1回という人は少なく、最低でも数回は行かれています。

そんな「この世界の片隅に」ですが、今回ご紹介した実写ドラマの他、
もちろん原作のコミックで愉しむ方法があります。

まだの方はどこから入りますか?

そういえば、有名な小説が映画化されると、読んでいなければ
どちらを先に...で盛り上がったことがありました。

まあ、いずれにしろおススメの映画であることには変わりありません。

ぜひ、上映中に映画館で鑑賞下さい。

スポンサーリンク