スラックス内股の擦り切れ・破れを簡単に修復する方法。画像あり

ちょっと太っちょさんには「あるある」のスーツのスラックスの股擦れ。
あー、補強しとけばよかた・・・と思っても、もうあとの祭り。

「ママのリフォーム」や「マジックミシン」のようなリフォームショップなら
修復してもらえるのでしょうが、
・持っていくのめんどくさい
・補修費が意外にかかりそう
・補修中、スーツがきれない
など、いろいろ問題がありますよね?

じゃあ、スラックス捨ててスーツ買いなおす?というのももったいない。
だって、まだ上着は着れるのに、股ずれだけで捨てるなんて・・・

だったら持っていこうか・・・と堂々巡り。

そうこうしているうちに、擦り切れがひどくなってきます。

そんな時、この方法だと5-10分もあれば簡単に誰でも修復できます!
その方法をお伝えしますね。

スポンサーリンク

 

ホントにできるの?どれだけ補修できる?

ホントに修復できる?どれくらいきれいにできるの? と気になりますよね。
気が短いですねー 笑

では、早速、実際にどんな仕上がりになるのか、をお見せします。

↓こんな感じです(赤い四角の部分) きれいな画像でなくて m (_ _) m

ビフォーがなくてわかりにくいですよね。画像を撮るのを忘れていました。
アフターだけの画像で申し訳ありません。

修復前は、内側に手をいれると透けて見えるくらいまで擦り切れていましたが、
気にならないくらいまで修復できました。

スポンサーリンク

修復は超簡単。はやい、安い、きれい!

補修方法はというと...

家庭にある普通のアイロンと「補修用クロス」を準備するだけ。

補修用クロスって何なの?ってことですが、百均(私はダイソー)で入手できる
こんなやつ↓です。つまり、かかるコストは100円(税抜き)

画像が横向きでごめんなさい。

私が買ったダイソーでは「手芸」のコーナーにありました。
見当たらない時はお店の人に「補修用クロス」はどこですか?と聞いてみてください。

補修の手順は以下の通り。

1.アイロンを中温にセット。
2.スラックスの内側にクロスを貼るので、スラックスを裏返す。
3.補修クロスを擦り切れた部分より少し大きめに切る。
4.スラックスがしわにならないよう気をつけながら、擦り切れた部分に
 クロスあてて、軽くアイロンをかけて仮止めする。
5.ハンカチなどの布をクロスの上に置いて、10秒ほどアイロンで押さえる。

これで補修完了です!

擦り切れてるのは恐らく両太もものあたりでしょうから、もう一方も同じ要領で
貼り付けるだけ。

ねっ、簡単でしょ!

アイロン慣れてる人だったら、2か所補修しても5分くらいじゃないでしょうか。

ちなみに単身赴任経験者の私は5分かかりませんでした!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

スーツの股ずれ、こんなに簡単になおせるなんて・・・
もっと早く知っておけば、と思いました。

後は耐久性ですよね。
履いていると剥がれないのか、履き心地はどうなのか?
また、クリーニング出したらどうなるのか? など、
この辺りはこれからなので、後日情報を追加したいと思います。

でもまあ、こうなる前に、
・やっぱりスーツはツーパンツにしとこう!
・スーツ買ったら、擦り切れ補強用「シック」をつけよう!
 (ショップで勧められたのですが擦れるような気がしてやめたんです・・・)
と予防しておきましょうね。

スポンサーリンク