ギネス認定、チョコレート巨大看板はどこにある?あの歌との関係は?

大阪にある明治製菓の巨大ミルクチョコレートの看板が評判ですね。
これです↓

いったいどこに設置されているのでしょうか?
また、どこから見れるのか、探ってみましょう。

 

巨大チョコレートの名前は「ビッグミルチ」

まずはプロフィールから。

プロフィール
名前   ビッグミルチ
設置日  2011年2月8日
サイズ  タテ27.588m x ヨコ165.946m  (明治ミルクチョコレート38万枚分!)
設置場所 大阪府高槻市
特徴   世界最大プラスチック製広告看板としてギネス認定     

すごく大きいですよね。
ちなみに一粒の大きさは、ヨコ11.9mxタテ9.4mというサイズになります。

生まれ(製作)はベトナムで、日本で組み立てられました。

名前は明治ミルクチョコレートの略称「ミルチ」に「ビッグ」を合わせたもの。
わかりやすいですね ^^;;

実は一度、2013年初めから半年ほどかけて再塗装して、お化粧直ししました!
風雨にさらされ、塗料が落ちたんですね。

スポンサーリンク

どこで見れる?

明治製菓、大阪工場(大阪府高槻市朝日町)の敷地内にあります。

ネットでも評判になっていますが、
JR京都線の摂津富田駅から高槻駅の間、京都方面の電車なら進行方向の左、
大阪方面の電車なら右側(つまり北側)に見えます。

電車から見えるってことですね。

できた当初は車内で「えっ、あれ何?」という感じでしたが、
最近はあまりそういった声は聞かないですね。

もう、関西の人にはかなり知れ渡ったからかもしれません。

もっと近くで見たい!という方は・・・
JR京都線の摂津富田駅の改札を出て右、バスターミナル方面へ向かい、
階段を下りて、エスカレータ横を右、線路沿いに(高槻方面へ)しばらく歩くと、
上の画像のビッグミルチが前方に現れます!
※わかりにくいですね。駅員さんかコンビニの店員さんに聞いてみてください ^^;;

楽をしたい方は、高槻駅または摂津富田駅から市営バスに乗って、「明治大阪工場前」下車、
171号線(バスを降りた国道)を大阪方面に向かってひとつ目の信号を左に折れ、
左手にスポーツクラブを見ながらしばらく行くと、左手に見えてきます。

スポンサーリンク

明治製菓 大阪工場はあの歌に出てくる

明治製菓 大阪工場。
実は槇原敬之さんのあの歌に出てくるのをご存知でしょうか?

槇原敬之さんの地元が高槻市。
実は『No.1』という曲にこの工場がでてきます。

どのフレーズかというと、
「ぼくの街にはチョコレイト工場」の「においがする」
と、直接的ではありませんが歌われています。

工場の近くでは、風向きによってチョコレートの匂いがしますので、
ぜひ散策してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

実は明治製菓大阪工場には「明治なるほどファクトリー大阪」が併設されていて、
「きのこの山」の製造工程と「たけのこの里」の包装工程を見学できます。

見学は月曜から金曜(休館日除く)の9:30~、13:30~。
入館料は無料です、うれしいですね。

ただし、ビッグミルチが見れるのは3~5月の期間限定なので注意が必要です。

予約はこちらからできるようです。
(明治なるほどファクトリー大阪のサイトに飛びます)

少し前までは「カール」も見れたんですけどねぇー。
そういえば工場横の「カールおじさん」の看板もみかけなくなったなぁ。

あっ、夜のビッグミルチはこんな感じです↓

ちょっとわかりにくいかな・・・

スポンサーリンク