年賀状の料金据置きは期間限定。いつ出せばいい?料金不足はどうなる?

年末に近づき、そろそろ年賀状の準備をはじめる季節になりましたね。

ところで、2017年6月1日の価格改定にともない、通常はがきが値上げとなり、52円から62円になったのをご存知ですか?

メールやLINEを使っていると、なかなかはがきを使う機会がありませんよね。
金額が変わっていることをすっかり忘れてしまっていることも少なくないと思います。

しかし、通常はがきは価格アップとなりましたが、年賀状については52円に据え置かれています

じゃあ、特に気をつける必要ないんじゃないの?と思ってしまいますが、実は大きな落とし穴があるので注意が必要です。

そこで、年賀状を出す時のポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

年賀状を出す時の注意

繰り返しになりますが、通常のはがきは値上げとなり62円となりましたが、年賀状は52円に据え置かれています。

実は気をつけるポイントがあります。
1.年賀状として扱われるはがきは、はがき表面の見やすい位置に”年賀”の文字が必要です。この文字がないと通常はがき扱いで、62円となり、料金が不足することになります。

2.年賀状取り扱い期間が決まっていて、その期間内でないと年賀状として取り扱われません。期間は12月15日から翌年1月7日までです。厳密には1月8日の最初の回収までに郵便ポストに投函されていればOKです。もちろん1の条件はクリアしてくださいね。

3.喪中はがきは年賀状扱いではないため、通常はがき62円となります。

”年賀”の文字を忘れずに、12月15日から1月7日までに投函する!が原則です。

では、うっかり”年賀”を書き忘れたり、期間外に投函してしまった場合、つまり料金不足となった場合、年賀状はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

料金不足の場合はどうなる?

あなたが出した料金不足の”年賀状”はいったいどうなるのでしょうか。

通常、料金不足の場合、下記の方法が取られます。
1)そのまま差出人に返送される
2)受取人に届けられ、受取人が不足額を支払う
3)受取人に届けられますが、”受取人が不在”あるいは”不足額の支払いを拒否”した場合、差出人に返送される

基本的には、いったん受取人に届けられるケースが多いようです。

1)の場合、切手には消印が押されるため、改めて送る場合はもう一度正しい金額の切手をはらなければいけません。

2)および3)の場合は、「料金不足」のはがきを貼られて、受取人に配達されます。
その上で、2)つまり受け取る場合、受取人が、
・10円分の切手を添付されている「料金不足」のはがきに貼ってポストへ投函する
・「料金不足」のはがきを郵便局に持っていって、不足分の10円を支払う
ことになります。受取人にとては面倒ですね。

3)の受け取らない場合は、「料金不足」のはがきに受け取らない理由事項が書いてあるので、そこに丸をつけて、届けられた”年賀状”と一緒にポストへ投函されると、差出人に返送されます。

せっかくの年賀状が台無しになるので気をつけましょうね。

スポンサーリンク

まとめ

年賀状を出す時の注意点をまとめましたが参考になりましたか?

ポイントは、
・年賀状にははっきりと”年賀”を書きましょう! ※年賀はがきには印刷されています
・投函期間は12月15日から翌年1月7日まで

少額(10円)とはいえ、送る相手に不足料金を支払わせるのは決していいことではありません。新年早々、嫌な思いをさせないためにも十分気をつけましょうね。

スポンサーリンク