直虎 菅田将暉・万千代の草履番後釜のノブ役はだれ?

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』も主役の座が菅田将暉さん演じる井伊万千代に移りつつありますね。

まずは草履番からスタートし、いろいろな工夫を重ね、「日の本一の草履番」と認められるほどになりました。やっと小姓へと思いきや、後釜を育てたら・・・という条件が出されました。

その後釜候補がなんと40過ぎの間抜けた感じのやる気のなさそうな男でした。

そのノブ役を演じている俳優は誰なのか、またノブとはいったいどのような人だったのか、について調べてみみました。

スポンサーリンク

 

ノブという男

ノブは本多正信といい、高嶋政宏さん演じる本多忠勝と同じ一族のものになります。同じ一族なのに本多忠勝はノブに強く当たります。

ノブ・本多正信はかつて鷹匠として徳川家康に仕えていましたが、三河一向一揆の際、一揆方に与し、武将として忠勝の主人・徳川家康に刃を向けました。

徳川家康の近くに仕える本多忠勝にとっては目障りでしかない存在でした。

この本多正信は浮浪の旅を続けた後、家康方に戻りました。

帰任後は徳川幕府初期にはその才を活かし、家康が将軍になってからは側近として活躍、2代将軍秀忠の代まで仕え、老中にまでなっている人物です。

一時期敵対した正信をここまで取り立てるとは、徳川家康の懐の深さがあってのことなんでしょうね。

スポンサーリンク

ノブ役は六角精児さん

ノブ、本多正信を演じるのは六角精児さんです。
プロフィールみておきましょうか。

プロフィール
生年月日  1962年6月24日
出身地   兵庫県高砂市
血液型   O型
身長    175センチ
所属事務所 舞プロモーション

元々嫌いだった芝居を仕事にしている、という変わった俳優さんですね。

高校時代に演劇部にはいり、当時の部長・横内謙介さんが立ち上げた劇団(今も所属:劇団扉座)に入団しています。

テレビドラマ初出演は1990年の『お江戸捕物日記 照姫七変化』(フジテレビ)でスポット出演でした。

2005年放送の伊藤淳史さん主演『電車男』で牛島貞雄役を演じたオタク度、半端なかったですね~。この頃からドラマの出演が増えていったようです。

大河ドラマも『武蔵』(2003年)以来2度目です。連続テレビ小説も3回出演しており、最近では2015年『まれ』で安西隼人役を演じています。

どっかで観たことあるなぁ~、と思ったあなた。
相棒』かもしれませんよ。米沢守役で2001年から出演しています。

なんだか不思議な人ですね。
私はてっきり俳優さんじゃなくて、脚本家かなと思っていました。雰囲気からなんとなくでしたが。

たまたま観ていたテレビ番組で、離婚歴3回で4度目の結婚は2度目の奥さんと、と話していました。モテるんですね、うらやましい (^^;;

俳優以外にもミュージシャンとしての顔もあります。
1996年にアコースティックバンド・六角精児バンドを組んでボーカルを担当。なんと2014年にCDデビューしています!

CDジャケットも個性的ですね。

スポンサーリンク

まとめ

ノブこと本多正信、その役を演じる六角精児さんはいかがでしたか?

逆臣から老中にまで上り詰めた本多正信。
これから井伊万千代や徳川家康とどういうカラミになっていくのか愉しみですね。

今回出演中の個性派俳優といえばムロツヨシさんですが、独特の雰囲気を大河に持ち込んでいます。同じようにドラマに新しい風を持ち込んでくれそうです。

また六角精児さんの俳優・ミュージシャンとしての活動も目が離せませんね。

スポンサーリンク