阪神横田慎太郎、脳腫瘍が寛解し復活へ!病気・怪我を克服した選手は?

昨年の2016年にブレイクした阪神タイガースの横田慎太郎外野手の名前を、今年はほとんど聞かなくなっていたのが不思議でしたね。

昨年、同様にブレイクした、高山選手や原口選手それに北条選手などは成績に波があっても、2軍での動きはネットをみればそれなりにありました。

まさか、22歳の若さで今年2月に「脳腫瘍」と診断され、闘病していたとは知るよしもありませんでした。

半年以上戦列を離れ、9月2日にやっと帰寮、室内での軽度のトレーニングをはじめたと聞いて、驚きとともにとてもうれしかったですね。

これからの野球への取り組みもきっと変わってくることでしょう。

来年完全復活で、元気な姿を見れるのを期待しています。

そんな横田選手の話しを聞いて、病気や怪我を乗り越えて活躍している選手を調べてみました。

スポンサーリンク

横田慎太郎選手プロフィール

横田選手のプロフィールみときましょう!

金本監督に期待されて、直接指導のシーンも多かったですね。

プロフィール
生年月日  1995年6月9日
出身地   鹿児島県日置市
身長・体重 187センチ・89キロ
投球・打席 左投左打

お父さんが元プロ野球選手の横田真之さん(ロッテなど)です。野球をはじめたのはお父さんの影響でしょうね。

名門・鹿児島実業では1年から4番打者。ピッチャーとしても活躍していましたが、ドラフトでは外野手として指名され、入団しています。

ピッチャー出身の外野手って多いですよね。有名なところではイチロー選手や今年夏の甲子園をわかせ、ドラフトでも期待の広島広陵高校・キャッチャーの中村選手も元々投手でした。

入団した年に引退した桧山進次郎選手の背番号をもらって、24を引き継いでいます。期待されていますね。

金本監督が就任した2016年のオープン戦ではなんと.393という高打率をマークし、その勢いのまま、開幕戦の中日戦で「2番・中堅」でスタメンデビュー。高山選手との1、2番コンビ、新鮮でしたね。

残念ながら途中で調子を落として5月に登録抹消、その後は調子が戻らず、今シーズンに期待していました。

掛布2軍監督も、長距離砲として育てたいと言われるほどの選手です。

スポンサーリンク

病気・怪我をした選手

阪神タイガースに限ってみても・・・

病気と付き合いながら活躍する岩田投手

ピッチャーの岩田稔選手。2005年の希望入団枠での入団、背番号21は球団期待の現れでしょうね。「今中二世」と呼ばれ、期待されましたが2006-2007年は活躍できず。

2008年に活躍、10勝10敗の成績をおさめ、翌2009年の第2回WBCの日本代表に選ばれ、大会二連覇に大きく貢献しました。ただ、この時左肩を負傷していて、シーズンは途中からとなっています。WBC参加は難しいですね。

そんな岩田選手ですが、大阪桐蔭高校2年の冬に風邪を引いたときのウィルス感染が元で1型糖尿病を発症し、ずっと治療を続けながら活躍しています。1型糖尿病は1日4回もインスリン注射が必要とのこと。

同じ病気を患っている子供たちのために阪神甲子園球場の野球観戦・交流会への招待や、糖尿病研究のための寄付などを積極的に行っています。

2016年は戦績が振るわず、勝ちなしのシーズンとなり、戦力外一歩寸前までいきましたが、今年7月に676日振りに1軍公式戦で勝利、復活を果たしています。

糖尿病でもプロ野球のような激しい運動ができるんだ、と正直驚きました。同じ病気の子供たちにとっては勇気が出ますね。

アキレス腱断裂から復活した西岡選手

岩田選手と同じ大阪桐蔭高校で1年後輩の西岡剛選手

千葉ロッテに入団、その後、アメリカに渡って大リーグで活躍。俊足の内野手というイメージですね。ベストナインやゴールデングラブ賞を受賞するなど、守備もピカイチの選手です。

2012年に阪神に、同じくアメリカから戻ってきた福留選手と同時期に入団。2013年のシーズンでは二塁手としてベストナインを受賞しています。さすがっ!

しかし翌2014年には、その福留選手と接触、骨折などで登録抹消。6月には復帰するも2015年まで不本意なシーズンに終わっています。

そして起死回生で迎えた(はずの)2016年、忘れもしない7月20日の巨人戦での左アキレス腱断裂。年齢も30歳を超え、怪我の場所が場所だけに、もう引退か?と思われましたが、手術・リハビリを乗り越え、今シーズン帰ってきました!

リハビリ途中の映像などをみていると、ほんと涙が出そうになりました。不屈ですね、スゴイとしかいいようがありません。

スポンサーリンク

まとめ

それにしても、横田選手の病気のことが一切外に漏れていなかったのはスゴイことです。

プロ野球、特に阪神タイガースという球団は阪神専属記者も多く、情報がよく外部に漏れます。(私自身が阪神ファンということもあって余計に情報がはいるのかな? (^^;; )

情報統制できるなら、ドラフトや外国人選手の名前も出さないで秘密裏にすすめて欲しいなぁと思うのは私だけでしょうか?

病気や怪我といったニュースを聞くと、改めて連続出場しながら2,000本安打に手が届きそうな鳥谷選手の凄さを感じます。

死球で鼻を骨折してもフェイスマスクをして出場を続け、連続出場も2,000に迫る勢いですからね。

身近なところにスゴイ選手に囲まれている横田選手。ぜひ先輩方の背中をみて、来シーズンは快音を聞かせてください。熾烈な外野争いでしょうが、開幕一軍期待しています!!

復活した姿みたら、西岡選手のときと同じように泣いてしまいそうです…

スポンサーリンク