堂本剛が突発性難聴で入院!どんな病気?患った有名人は誰?

KinKi Kidsの堂本剛さんが突発性難聴で入院していることを、相方の堂本光一さんが、
6月28日放送のテレビ東京「テレ東音楽祭2017」で発表しました。

入院は前日の27日夕方からのようですね。

「1週間入院することになりました。元気なのは元気ですけど、歌うのもままならない状況なので、大事を取って」 とのことです。

堂本剛さんがかかったという「突発性難聴」とはどんな病気なのでしょうか?
また、過去にかかった有名人がいるようですので、そのあたりも見ていきましょう。

スポンサーリンク

突発性難聴とは?

突発性難聴とは、文字通り突然、耳がつまったような感じや耳鳴り、場合によてはめまいや吐き気などの症状が起こります。

通常、片方の耳だけ発生することが多いのですが、まれに両耳同時に発生することがあるようです。

堂本剛さんの場合、どういった症状で片耳だけなのかどうかはわかっていません。

原因ははっきりせず、ストレス・ウィルス感染・血流障害などが疑われています。

スポンサーリンク

罹患した有名人は?

過去に「突発性難聴」と公表された方を調べてみました。

まずはスガシカオさん

2012年10月29日にAmebaオフィシャルブログで【告白・突発性難聴との戦い】として綴られています。
スガさんの場合はストレス性とのこと。ちょうど所属事務所から独立するための交渉と準備を進めており、いろいろ心労がかさなっていました。
症状としては耳鳴りがやまなかったそうです。
医者に行った時、「最悪、発症した右耳の聴力はある程度あきらめてください。」と宣告されています。

続いて浜崎あゆみさん。
2000年6月に発症し、コンサートを延期しました。
その後、完治したのかどうかわからず、左耳が聞こえなくなったとか、噂が絶えないですね。
浜崎さんの場合もストレスなんでしょうか…

坂本龍一さんも週刊誌などで発症したことが取り上げられましたが、何も詳しいことは公表されていません。

他には、「サカナクション」の山口一郎さん、「エレファントカシマシ」の宮本浩次さん、
「ハウンド・ドッグ」の大友康平さんなどミュージシャンが多いですね。
というより、ミュージシャンにとっては耳が命なので、活動に支障が出るため、公表せざるを得ないのでしょうか。

そういえば、2017年4月21日のバラエティ番組で、井上順さんが歌をお願いされた時に、「感応性難聴」を告白されていました。原因は違いますが、同じ難聴です。

見ていてちょっと辛かったですね。

歌をこの上なく愛されていた井上順さんが、15年も前から難聴だったとは。
歌だけではなく、日常会話でも支障をきたすようなので、バラエティ番組にも出られない、と告白されています。

からだは元気なだけに、とても残念な思いなんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

「テレ東音楽祭2017」では、堂本剛さんの代役としてTOKIOの長瀬智也さんが務め、
一夜限り?の堂本光一さんとのスペシャルコラボが披露されました。
曲は『全部抱きしめて』でした。

実は前夜に剛さんから長瀬さんに直接連絡があって、代役を頼まれたそうです。

突然頼まれて、見事に歌い上げる長瀬さんも凄いですね。

なお、7月1日放送の『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』も堂本剛さんは出演できないようです。今回のように誰かが代役に立つのかわかっていません。

早期に治療をはじめれば治るようですが、放置しているとそのまま聴力が落ちる病気とのこと。

はやくよくなって、いつもの元気なKinKi Kidsを見たいですね。

スポンサーリンク