青春18キップのオトクな購入方法と使い方。いつ使える?

JRのオトクな切符『青春18きっぷ』が根強い人気ですね。
そんな青春18きっぷ、はじめて使うときはわからないことが多いと不安ですよね。

基本的なことも含めて、気になるポイントを調べてみました。

スポンサーリンク

発売・利用期間と価格

発売期間と利用期間が限定されています。
2017年度はすでに春季が終わりましたので、夏季・秋季をみてみましょう。

(夏季用)
発売期間:平成29年7月1日(土)  ~平成29年8月31日(木)
利用期間:平成29年7月20日(木)~平成29年9月10日(日)

(冬季用)
発売期間:平成29年12月1日(金)  ~平成29年12月31日(日)
利用期間:平成29年12月10日(日)~平成30年1月10日(水)

発売期間と利用期間が少しずれているので注意が必要です。

価格は、おとな・こどもの区別なく、一律\11,850-です。
また、18きっぷとありますが、年齢制限はありません。

スポンサーリンク

利用方法

利用する場合の基本ルールは以下の通りです。

基本ルール1

1枚のきっぷを1人で5回まで使うか、5人で1回などのグループで使うことも可能です。

基本ルール2

きっぷは5枚綴りのイメージがあると思いますが、1枚だけです。
利用時に、駅改札または社内検札でスタンプを押してもらいます。

基本ルール3

1回の利用時間は基本的に1日(00:00~24:00)です。途中下車は自由です。
24時を超える場合は、乗車している電車・列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで、当日のきっぷは有効となります。

ただし、東京及び大阪近郊の電車特定区間内では終電車まで有効となります。

基本ルール4

普通列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)および宮島航路が利用できます。

つまり、新幹線や特急には基本的には乗れません。
どうしても乗りたい場合は、特急券のほか、乗車区間の乗車券を別途購入する必要があります。ここは重要ですので、ぜひ押さえておいてください。

ただし、一部例外区間があります。
  石勝線 新得~新夕張間 ※特急列車のみ運行区間のため
  奥羽本線 青森~新青森間 ※普通列車が少なく、利便性のため
  宮崎空港線 宮崎~宮崎空港間 ※普通列車が少なく、利便性のため

なお、BRTとは東日本大震災で不通になった区間を列車の代行運行しているバス路線のことです。
また、「宮島航路」は広島県の宮島口~宮島の定期船のことで、例外的に乗船できます。

基本ルール5

未使用の場合のみ払い戻しが可能です(手数料はかかります)
一度でも利用すると払い戻しができません。

スポンサーリンク

オトクな購入方法

一般的には、JRの窓口で購入することになりますが、もちろん定価での購入となります。

身近なところで、「金券ショップ」で購入するとオトクな場合がありますのでみておきましょう。

その1

バラ売りされているきっぷを購入する方法です。

すでにお話ししましたが、青春18きっぷは1枚なのでバラバラになりません。
1枚のきっぷに使った回数だけ利用日が捺印されているだけです。

何回か使用済みのきっぷが売られている場合がありますので、残数分のきっぷを購入できます。

ただし、利用回数や利用できる残期間によって、きっぷの金額も変わる、つまり、時価ということですね。

その2

「レンタル」と呼ばれる方法があります。

金券ショップで未使用のきっぷを購入し、利用後に未使用分のきっぷを購入したお店で買い取ってもらう方法です。
この場合は、あらかじめ買い取り期日や価格が設定されているケースがあります。

5回使い切れない、と最初からわかっている場合は一番お得です。

その3

普通に買った青春18きっぷの未使用分を金券ショップに買い取ってもらう方法です。

もちろん、残り回数や期間によって買い取り価格は変動しますし、「その2」のレンタルに比べて買取価格が低いことがあります。

なお、面倒でなければ、金券ショップ以外にも、ヤフオクなどのオークションで買ったり、未使用分を処分するという方法もありますね。

スポンサーリンク

まとめ

裏技?ではありませんが、青春18きっぷでJRホテルグループの宿泊が割引になります。
ちょっと不便ですが、予約センターに連絡を取って、きっぷを提示するだけです。

とはいえ、安く旅をすることを考えると、JR系列のホテルは高いかもしれません。

「青春18きっぷ」があれば、時刻表片手に安く・気ままに旅を愉しめます。
年齢制限もありませんので、ぷらっと旅するのもいいかもしれませんね。

なお、JR各社では「青春18きっぷ」以外にもオトクなきっぷを販売しています。

東海道新幹線では「ぷらっとこだま」など新幹線が安く乗れるチケットを販売していたり、
乗車券とホテルがセットになって安く売られていたりと、多種多様になっています。

昔は「周遊券」ってあったのですが、今でもあるのかな??

ぜひ、旅行前にはいろいろ調べてみてください。
よりオトクなきっぷがみつかるかもしれません。

スポンサーリンク