星野源、嵐映画『黄色い涙』に楽曲提供!画像・動画あり

最近、様々なジャンルへ進出し、多彩な才能をみせている星野源さん。

そんな星野さんは、嵐とも交流があり、松潤とも仲よさそうですね。

リーダーの大野さんとも、4月15日放送の「嵐にしやがれ3時間スペシャル」で共演して、
「じっくり話が出来て、本当に楽しかった」とのこと。

他のメンバーとはどうなんでしょう。

星野さんと嵐の接点は、最近なのかな?と思っていましたが、意外にそうでもなさそうです。
実は星野さんが嵐出演のドラマに楽曲を提供していました

今回はそこをさっぐていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

映画『黄色い涙』に楽曲提供

2007年4月公開の嵐メンバー5人が出演している映画『黄色い涙』。

当時、星野源さんはバンド「SAKEROCK」として活動していて、楽曲を提供、
サウンドトラックを作っています。
その時のCDジャケットがこちら↓

出典:Twitter

CDには28曲収納され、星野さんは「黄色い涙」「黄色い集合」の作曲を担当しています。
嵐5人が写ってますね。小さくてよく見えませんが、10年以上前なので若いですね~。

少し大きめの画像がありました↓
出典:Twitter

 えっ、ニノどうしたの?

スポンサーリンク

 

バンドSAKEROCKとは?

星野さんが同じ高校(自由の森学園高校)出身メンバーを集めて2000年に作った
インストゥルメンタルバンドで、星野源さんがリーダーです。

バンド名は、サケロックと読み、アメリカのマーティン・デニーの曲名が由来、とのこと。
酒好きだから、じゃないんですね(ダジャレですみません...)

残念ながら、2015年6月2日に両国国技館で「LAST LIVE “ARIGATO!”」を最後に
解散しています。


出典:http://sakerock.com/

メンバーは途中脱退も含めて5人でした。

星野源:リーダーで、ギターとマリンバ。
伊藤大地:ドラムス、口笛。
浜野謙太:トロンボーン、スキャット
田中馨:ベース (2011年脱退)
野村卓史:キーボード (2002年脱退)

 

提供楽曲「黄色い涙」は載せられるものが見つかりませんでした、ごめんなさい m(_ _)m
その代わりに最後の曲「SAYONARA」をお聴きください。


出典:Youtube KAKUBARHYTHM公式

 

少し私の中の星野さんのイメージと違いました。
あなたはどう思われましたか?

まとめ

他には、バナナマンのライブ楽曲や、変わったところではNHK番組「みいつけた!」にも
提供しています。

テレビドラマでは、自ら出演したフジテレビ『WATER BOYS』(2003年)が初めてですね。
この時は劇中歌で、「夏を休んでる場合じゃねぇ」「記号の世界」
「もてたくてシンクロナイズド」を作詞・作曲しています。

主題歌で有名なのは、やはりTBSの『逃げ恥』の「恋」(2016年)ですね。 

NHK紅白歌合戦へは、テレビドラマの主題歌で2年連続(2015,2016年)出演しています。

 

これからもますます活躍が期待される星野源さん。
嵐全員とドラマや映画で共演、ってことも出てくるんでしょうか?

 

スポンサーリンク