ひとパー視聴率悪い!桐谷美玲X水川あさみはミスキャスト?

桐谷美玲さん主役のドラマ『人は見た目が100パーセント』(ひとパー)が
4月から始まりました。

原作は、現代女性のリアルな心情を描いてきた大久保ヒロミさんの
ドラマタイトルと同じ『人は見た目が100パーセント』です。

はじまる前は、
・水川あさみさんが久しぶり(1年ぶり?)のドラマ出演
・ブルゾンちえみさんが俳優デビュー作品
など、いろいろ評判でした。

期待された作品でしたが、初回放送視聴率が10%を切って、9.5%と
やや不調なスタートとなってしまいました。

その理由が、ミスキャストにあるのでは?と言われていますね。

なぜ、ミスキャストなのか、みていきましょう。

スポンサーリンク

 

 ドラマ あらすじ

まずはドラマのあらすじをみておきましょう。

原作は、2014年から講談社コミックの『BE・LOVE』で連載がはじまり、
女性誌『VOCE』や『with』で「女子モドキ(JSM)」特集が組まれ、
10~40代の女性層から支持を得ている作品です。

出典:フジテレビ公式サイト

主人公は、まじめだけど見た目はさえない理系女子の研究員。
「女子力」や「美」に背を向けてきたため、おしゃれ偏差値が半端なく低い

そんな主人公が、あることをキッカケに、同僚ふたりとともに、
メイク・ファッション・美容などの研究をはじめ、女子力をアップしていく

そしてイケメン男子と恋ができるのか...という物語です。

慣れている「仕事の実験」ではなく、慣れない「美の研究」なので、
毎回とんでもないことが起こり、とても面白いドラマです。

 

スポンサーリンク

 

ミスキャスト?

 そんな楽しいドラマですが、視聴者から不満の声が噴出しています。

佐藤聖良役のブルゾンちえみさんは「そっくり~」という声が多いですね。
こちらは問題なし(^^

実は、主人公の城之内純役の桐谷美玲さんには批判が殺到しています。

毎年発表される「世界で最も美しい顔 100人」に選出されている(2014年は8位!)なのに、
メガネをかけて、地味な服を着ても、美しさは隠せません。

元からきれいな人が「見た目が悪いから自信ない」なんていわれても、
共感できない、逆に反発してしまう、という声がツイッターで上がっています。

ん~、確かにわからないではないコメントですね。
美しさに嫉妬してしまう気持ちもわかります。

水川あさみさんには直接そんな声は出ていませんが、桐谷さんがいるので
その陰に隠れているだけですよね、きっと。

ドラマ『のだめカンタービレ』の清良役や、『失恋ショコラティエ』の薫子役が
結構好きな女優さんで、キレイな方なので、たぶん嫉妬されているんでしょうね。

原作の絵と比べるとお二人はキレイすぎるくらいです。
そういうみかたをすればミスキャストなのかもしれません。

まとめ

どうでしたか。
みなさんはミスキャストだと思いますか?

私はドラマキャストが発表されたとき、ポスターをみましたが、あまり違和感ありませんでした。

個人的には、ぱっと見た感じでは原作に近いイメージでした。

あまりにもブルゾンちえみさんが似すぎてて、
そちらにごまかされたのかもしれませんが (^^;;

 

どちらかというと、この3人がどういうファッションをして、
きれいになっていくんだろう、というところに興味がわきましたね。

フジテレビは、ここ数年、ドラマで視聴率が出ていないので、
この3人に起死回生を狙ったんでしょう。

キャストの件は横に置いておいて(よくない?)、
観るポイントをファッションや恋愛にずらして、ドラマを楽しみませんか?

 

スポンサーリンク