ツバキ文具店 NHKドラマ10。主演多部未華子・主題歌絢香。

2017年本屋大賞ノミネートのベストセラー、原作小川糸さん著の
ツバキ文房具」がNHKドラマ10でドラマ化が決まりました。

主人公の鳩子には多部未華子さん、主題歌「コトノハ」は絢香さん

あらすじなど、みていきましょう。

スポンサーリンク

ドラマあらすじ

8年ぶりにふるさと鎌倉に戻った主人公の鳩子(多部未華子)。
亡き祖母から「ツバキ文具店」を受け継ぐはめに。
実は、文具店とは名ばかりで、本業は美しい文字を代筆する「代書屋」だったのです。
しかも「ツバキ文具店」は、手紙を一から考えて書いてくれる、一風変わった代書屋でした。新米の代書屋となった鳩子は、次第に才能を発揮。さまざまな手紙の依頼に応えていきます。
どうしても言葉に表せない、心の奥底の思いを、最高の形で伝えるのが、鳩子の新たな仕事です。
そしてツバキ文具店に集まる、ちょっと風変わりな人々とのふれあい。
小さな幸せのピースが、鳩子の心を満たし、それは新しい一歩へとつながっていきます。

出典:NHK

鳩子なのでぽっぽちゃんと呼ばれる主人公。
仕事を通して、いろんな人との出会い、成長していく姿を描いています。

多部さんに合った役のようですね。

代筆というと、学生時代はラブレター、大人になってからは両親への手紙、
が浮かびますが、あなたはどうですか?

いつもメールやLINEばかりですが、先日久しぶりに手紙をかいたところ、
すごく新鮮でした。
また、便箋や封筒を選ぶのも楽しかったですね。

あなたも身近な人でもいいので久しぶりに書いてみてはいかがですか?
少し恥ずかしい気もしますがおススメです。

なお、他の出演者は...
高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子
となっています。

多部未華子さんプロフィール

まずはプロフィールをみてみましょう。

生年月日:1989年1月25日
出身地:東京都
身長:158センチ
血液型:O型
学歴:東京女子大学
趣味:音楽、吉本新喜劇鑑賞
特技:ジャズダンス、タップダンス、水泳
所属事務所:ヒラタオフィス

吉本新喜劇が好きなんですね。両親が関西出身だからその影響でしょうか。
関西人の私としてはうれしいです ^^;;

2002年にスカウトされて、2003年映画「HINOKIO」の工藤ジュン役に
オーディション合格。ん~、幼さが残っていますね。

2009年、NHK連続テレビ小説「つばさ」で主演、
2011年、ドラマ「デカワンコ」(日本テレビ)で民放連続テレビ初主演。

個人的に好きなのは、2015年「深夜食堂」みちる役です。
小林薫さんとの関係が絶妙でした。

TVドラマでは、2013年フジテレビ「ラストホープ」橘歩美役が
はまり役だと思いませんか?

どこか陰のある、ミステリアスな感じがします。
たぶん、あの目ヂカラのせいなんでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

絢香さん

高校1年の時に大阪でバンドを組んでライブ活動を開始。
2005年に高校2年生の時に作った「三日月」がインターネット配信される。

2006年に「I believe」でデビュー。オリコン初登場3位を記録する。

2006年「三日月」で日本レコード大賞 最優秀新人賞
2007年「Jewelry day」で同 金賞を受賞しています。

2016年にはデビュー10周年記念アルバム
「THIS IS ME 〜絢香 10th anniversary BEST〜」をリリース。

2017年3月15日発売の10th Anniversary SUPER BEST TOUR ダイジェストを
少しですがお楽しみください。


出典:Youtube  Ayakamv

主題歌の「コトノハ」。絢香書きおろしの新曲。
どんな曲なのかまだオープンになっていませんがその分楽しみですね。

まとめ

評判の小説のドラマ化。

もしあなたは原作を読んでいないとき、
ドラマを観てから原作を読みますか?
それとも原作を読んでからドラマを観ますか?

どちらが先でもイメージが違うことって少なくないですよね。

根拠はありませんが、今回は原作のイメージ通りじゃないかと思っています。

ドラマとともに絢香さんの主題歌も、ドラマにどんな花を添えてくれるのか、
非常に楽しみですね。

スポンサーリンク